Japanese English
 
 

3PLとは?

アメリカで生まれた物流アウトソーシングの形態、サードパーティー・ロジスティクス(Third-party Logistics)のことを指し、3PLと略称されます。最初(1PL)は、荷主企業の物流部が企業独自の物流システムを構築、管理し、物流業者を使って梱包、保管、輸送業務を運用してきました。次(2PL)に一部の物流業者が、荷主企業用にカストマイズした物流システムを提案し、荷主企業がそれを自社システムに組み入れ、共同でシステムを運用するようになりました。

これまでメーカー主導型で計画生産していたものが、景気の低迷、消費者ニーズの多様化、商品のライフサイクルの短命化等により需要の低い商品が売れ残ったり、あるいは売れ筋の商品が特定できないことにより販売機会を失うという例が数多く見受けられます。そのため売れ筋の情報を直近の時点で把握することで在庫を圧縮し、リードタイムを短縮し、キャシュフローを効率化を通じて物流コストを最小化する経営が求められ、消費者を起点としたサプライチェーンの構築の必要性が叫ばれています。サプライチェーンは供給連鎖と呼ばれ、その有機的結合の担い手としての3PL業者に期待が寄せられているのです。

3PLとは、これまで荷主企業の物流部の機能を包括的にアウトソーシングするものです。高次元の商・物流情報システムを構築、管理、運用して、従来の問屋機能である受発注、調達、在庫管理、販売機能といった商流機能を有し、3PL業者の有する他の得意先企業との物流機能の共同化、複合化、高次元化、効率化をはかり、人材、資産(国内・海外拠点、設備)、資金、情報システムの経営4資源をフル活用して、荷主企業の目標を完達・実現して、サプライチェーン化の完結と経営の効率化に寄与するものです。